認定こども園たちばな

幼保連携型認定こども園 たちばな|群馬県前橋市

園の概要


 

施設名 認定こども園 たちばな
園長 高坂幸子
職員構成

  副園長1名

  主幹保育教諭1名

  副主幹保育教諭2名

  保育教諭22名

  看護師2名

  栄養士2名

  調理員2名

  事務員3名

   計 36名

認可定員
105名
(1号 15名 2号 42名
 3号 48名)
クラスの構成 0歳児:ひよこ 1歳児:りす

2歳児:うさぎ 3歳児:ぱんだ

4歳児:きりん 5歳児:ぞう

所在地 〒379-2152

群馬県前橋市下大島町1055-93

電話番号 027-266-7007

園長の挨拶と職員の紹介

輝く春の日差しの中で、新しい年度のスタートです。創立12年目の春を迎えました。幼保連携型認定こども園に移行して3年目となり、私たちに託された責任の重さを改めて重く感じているところです。子どもたちが、将来にわたって、健康、安全で幸せな生活を送るために、今しなければならないこと。0歳で、1歳で・・・それぞれの年齢で調和のとれた成長、発達をしていくために必要な保育、教育。それら一つひとつを大事に謙虚に育てていくことは当たり前のようでいて決して容易なことではありません。職員一同、力を合わせて取り組んでまいります。どうか保護者様、ご家族の皆様と手を取り合って、この責任をはたしていけますようご協力をお願いいたします。

H30年 職員写真(入園挨拶写真)

法人理念

すべての子どもたちの最善の利益を追求します。

教育目標

教育目標は、「げんきで なかよく がんばるこ」を育てる。
・げんきで
げんきに挨拶できる。げんきいっぱい遊べる。なんでも食べてげんきな体。
・なかよく
自分のことを大切に思う気持ち。思いやりの心をもって誰とでもなかよく。
・がんばるこ
目標を見つけてあきらめずに最後までがんばるこ。

保育方針

☆子どもたち一人一人の特性や発達の過程に応じて、一人一人に行きとどいた保育を行います。

1)健康な心と体をつくります。

応答的・受容的な関わりを通して情緒を安定させ、明るく伸び伸びと生活する。

心と体を十分に働かせ、見通しをもって行動し、自ら健康で安全な生活をつくり出す。

2)自立心を育みます。

  園生活に主体的に関わり様々な活動を楽しむ中で、自分が何をしなければならないのか考えたり、工夫したりしながら諦めずにやり遂げることで満足感を得たり、自信を深める。

3)協同性を育みます。

  友だちと関わる中で、お互いの思いや考えなどを共有し同じ目的に向けて協力することの楽しさやおもしろさを実感する。

4)道徳性や規範意識を育みます。

  集団生活のなかで、子どもたちがお互いに自分の思いを主張することで様々な葛藤や衝突を繰り返し、してよいことや悪いことが分かり、ルールを理解し、その必要性に気付く。

5)社会生活との関わりを深めます。

  近くの公園や身近な施設など、地域の人々が使ういろいろな場所に出かけることで、人との様々な関わり方に気付き、自分が役に立つ喜びを感じ、地域に親しみをもつ。

6)思考力を育みます。

  様々な環境に関わる中で、物の性質や仕組みなどを感じ取ったり、いろいろな不思議やおもしろい出来事に出合ったりする中で、好奇心をもって探究するようになる。

7)自然に関心をもち、命を大切にします。

  園庭や近くの公園で草花等の自然物に触れ感動したり、虫やかえる等の小さな生き物に触れたりすることで、命のかけがえのなさを学び、遊びを通して自然や命に親しみ、大切にする心を育てる。

8)数や図形、文字などへ興味や関心をもつようにします。

  算数や国語の時間をつくるのではなく、遊びや生活の中で数量や図形、標識や文字などに親しみ、それらを分かる喜びや使う楽しさを味わいながら活用し、数や文字等に対する興味や関心の心を育てる。

9)言葉による伝え合いを豊かにします。

  保育者や友だちと関わる中で多くの言葉を交わし、相手の話を聞くときにも、その内容だけでなく、話し方や言い回しにも興味をもち、真似をしたり、新しい言葉を覚えたりしながら自分の思いや考えを伝えられるようになる。

10)豊かな感性と表現力を育みます。

  心を動かすような様々な出会いや体験を通して、喜びや感動、驚きなどを味わうことで感性を豊かにし、自分が感じたことを自分なりに楽しく表現できるようになる。

※ 常に保護者様の声に耳を傾け、公正かつ民主的な運営に努めていきます。

・個別面談、参加型保育等、父母との話合いの機会を多く持つようにしていきます。

・連絡ノ-ト、【つぶやき】の活用により担任と父母との連絡を密にし、教育・保育の成果をあげていきます。

・行事や給食、その他保育内容等についても、保護者様のご意見、ご要望を求め、その反映に努めていきます。

病後児保育事業(体調不良児型)

在園児が保育中に体調が悪くなったり、感染症が疑われる症状(発疹)等がみられたりした時には、2名の看護師が保護者の方が迎えに来るまでの間、別棟(かたくりの家)で安静に見守ってくれる事業です。

一時預かり事業

低料金で地域の子育て家庭の支援をいたします。1時間500円からご利用できます。ご利用時間やお子様の年齢等により慣らし保育が必要な場合があります。ご相談ください。

沿革

平成19年4月 社会福祉法人 たちばな保育園 創設 定員60名

平成21年 1月 病後児棟 新設

平成21年 1月 乳児室増築

平成21年 4月 定員80名に変更(認可)

平成23年 1月 アプローチ屋根設置

平成24年11月 乳児室の再増築・テラスの増築 

平成27年 4月 定員90名に変更(認可)

平成28年 4月 幼保連携型認定こども園へ移行

              (定員105名)

年間行事

4月 入園式
5月 2,3歳児親子遠足 個別面談
6月 じゃがいも掘り 親子レク 保育参観
7月 納涼祭・赤城山合宿保育
9月 梨狩り 親子レク
10月 運動会
11月 秋の音楽会 4,5歳児親子遠足 焼き芋パーティー
12月 生活発表会 クリスマス会
1月 もちつき カスミお店見学
2月 保育参観 じゃがいも苗植え
3月 ひなまつり

 

開園時間

月曜日から金曜日 午前7時00分から午後7時00分まで

土曜日      午前7時00分から午後6時00分まで

アクセスマップ

Googleマップを開く